薬剤師の転職活動 三十代薬剤師の転職 薬剤師の転職活動

三十代薬剤師の転職薬剤師という仕事は、女性にはとても人気のある仕事です。その理由は、知的な仕事であり、自分が学んできたことが仕事にそのままつながるということ、肉体的な負担がないので、 年を重ねてからも長く続けられるということ、待遇がよく、新卒者の給与水準が高いということ、結婚や出産を機にやめても復帰が出来るということなどがいえます。

このような魅力から、女子の高校生では、理系に進んでいると、薬剤師になりたいと思うような生徒が多く、大学の薬学部に入るために一生懸命勉強をするのです。 大学の薬学部はかなり難易度が上がり、国公立大学ではとても難しく、私立大学では1千万円以上の学費がかかるので、いずれにしてもかなり大変なのです。 大学では、6年間の専門的な学びがあり、卒業時には、国家試験を受けることになります。これで、免許が取れると、晴れて薬剤師になることができるのです。

薬剤師としては働くには、調剤薬局やドラッグストア、病院、企業の研究職など、いろいろな選択肢があります。わりと多いのが、調剤薬局とドラッグストアになります。 現在は、人手不足であることもあり、わりと求人を探すのは容易なことです。ですから、選ばなければかなりスムーズに就職できるようになります。 働きはじめでは、きっとその給与の高さに驚くことでしょう。ほかの業界の新卒者の給与水準と比較すると、かなりの高水準になるのです。ですから、はじめは満足できるでしょう。 しかし、数年経験を積んで三十代くらいになっても、昇給の幅が小さいのであまり給与が上がらないことを実感することでしょう。ほかの業界の人ともそれほど変わらなくなり、途中から逆転の現象が起きるのです。 三十代で仕事にも軌道にのり、年下を指導する立場になりながらも、あまり後輩とも変わらない待遇に満足できずに、転職を考え、求人を探す人も出てくるのです。

最近では、有資格者の専用の転職サイトがあり、そういったところに登録をしておくことで、さらに条件のよい求人を紹介してもらえることもあります。自分の希望に沿った形になるので、転職の際の苦労はありますが、 それ以上にやりがいなどを見出すことができ、ステップアップ、給与アップにつながることでしょう。そういったことを考えると、脂がのってきた三十代に転職をするというのは、本人にとってもよい機会になることでしょう。 毎日の生活にハリと潤いが出てくることは間違いないでしょう。

 

第二新卒の就活状況転職は計画性を持って転職で後悔しない工夫未経験者の転職・就職新人薬剤師の転職
薬剤師の復職三十代薬剤師の転職履歴書の注意点研究職に就きたい場合保健所で働く長所と短所

TOPページへ戻る

 

薬剤師の転職状況

 

© Copyright 薬剤師の転職活動|様々なケースで注意しておくべき点 All rights reserved.