薬剤師の転職活動 履歴書の注意点 薬剤師の転職活動

履歴書の注意点薬剤師の仕事は、特に女性のとっては魅力たっぷりの仕事です。その理由は、たくさんあります。まずは知的な仕事であり、専門知識があれば、肉体労働を伴わずに頭を使ってできるような仕事であること、 また女性にしては待遇もよく、特に新卒の状態での給与水準はほかの業界の人たちを上回っていること、一度やめたとしても資格があるので、再就職もしやすいということなどです。

しかし、薬剤師になるには、かなり大変なことがあります。なぜなら、その道はとても険しく長いからです。高校時代に大学の薬学部を志望して、受験勉強をしていきます。 今の時代では、とても人気の学部なので、国公立ではかなり偏差値も高く、増設されて多くなった私立といえども学費が6年間で1000万円以上かかるのです。いずれにしても、勉強かお金の面でつまずく人も多いのです。 無事に薬学部に入ったとしても、6年間専門的な勉強を進め、卒業時に国家資格を取らなければなりません。そして、薬剤師の免許が取れて初めて、その職に就くことができるのです。

薬剤師の求人というのは、現在かなりたくさん出ています。調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業の研究者など、いろいろな方法で仕事をすることができるのですが、中でも人手不足が深刻なのが、 調剤薬局やドラッグストアです。こういったところでは、転職をするにもしやすいのです。人によって、家庭の事情や人間関係、キャリアアップなどの理由で転職を考えることがあります。 最近は、インターネットで有資格者の専用の転職サイトがあり、そちらに登録をしておくと、自分の条件に合った求人を紹介してもらえたりします。

転職をする際には、履歴書やある程度のキャリアがある人では、職務経歴書を提出することになるでしょう。そのときには、いくつかの注意点があります。 履歴書・職務経歴書を記入するときには、今までの経験してきた薬剤師のキャリアについて、事細かく記入しましょう。調剤薬局、ドラッグストア、異業種など、どのような経営母体のところで働いてきたのか、 そこの専門科であり、一日どのくらいの処方箋をこなしてきたのかなどの経験をほかにも、その人物を理解してもらうためにも、日頃心がけていること、 自分の信条などを含めた意欲・考え方などを伝えられるような内容にまとめるようにするとよいでしょう。

薬剤師の求人は数多いのですが、自分が働きたいと思えるところでスムーズに採用されるように履歴書などの書類作りに力を入れるようにするとよいでしょう。

 

第二新卒の就活状況転職は計画性を持って転職で後悔しない工夫未経験者の転職・就職新人薬剤師の転職
薬剤師の復職三十代薬剤師の転職履歴書の注意点研究職に就きたい場合保健所で働く長所と短所

TOPページへ戻る

 

薬剤師の転職状況

 

© Copyright 薬剤師の転職活動|様々なケースで注意しておくべき点 All rights reserved.