薬剤師の転職活動 研究職に就きたい場合 薬剤師の転職活動

研究職に就きたい場合日本の医療のなかで欠かせない存在である「医薬品」のエキスパートとなる薬剤師という人材には、様々な場所で需要があります。病院で発行される処方箋にしたがって調剤・処方を行う調剤薬局はもちろんこと、 ドラッグストアなどのような小売店、医薬品を小売店に売る卸売業者など、その働きの場は様々です。しかしそうした働きの場の中でも、特に薬剤師から人気が高い職業となるのが「製薬会社における研究職」です。

製薬会社では日夜、日本の国内外を問わず様々な病気を治療できる薬品の開発が行われています。そしてその医薬品の進歩の最前線に立つ人こそが研究職と言うことになります。 一つの薬品が完成するまでに必要な投資は100億円、そして必要な期間は10年とも言われていますから、そこに求められる責任と能力は並大抵のことではありません。 そのため薬剤師が転職で研究職に就きたいと考えるのであれば、様々なポイントに注意をする必要があります。

まず何よりも注意をしたいポイントとなるのが「求人情報は非公開であることが多い」ということです。一般的に製薬会社に勤める研究職は、薬剤師の中でも一握りのエリートです。 大手の製薬会社などになると日本国内の国立医学部を卒業してきたような優れた頭脳の持ち主が集まるわけですから、「薬剤師資格を持つ人」を対象に求人を出すということは現実的ではありません。 研究職に就きたいと考えている人が少なくなく、そして現実として研究職に就く薬剤師には並外れた技術が求められる以上、その求人を、一般の求人情報誌や求人サイトに載せるということはあまり行われないのです。 そのため研究職に就きたいと考える場合には、ただ漫然と活動を行うのではなく、転職エージェントなどを活用し、非公開の求人情報に関してもアクセスをしていける環境を作らなくてはならないのです。

また同様に注意をしたいポイントとなるのが「研究職の成果は必ずしもすぐにあがるわけではない」ということです。一つの仕事を長く続けて生きたいというような場合、まず必ず必要になるのが「達成感」です。 自分が何かを成し遂げたと思うということはその仕事を続けていく中での最大の喜びですから、達成感を感じられない職場では働きたくないという人も少なくありません。 しかしこと研究職と言う場合、そういった「達成感が感じられないなら働けない」と言う人は転職を目指すべきではないのです。100億円と10年という膨大な投資が必要になる医薬品研究は、 成果が出るまでに数年単位の長い時間が必要になります。中には「10年続けてやっと初めての成果が出た」という研究者もいますから、短いスパンで多くの達成感を感じたいというのであれば、とても向いているとはいえません。

「長い目を持ち、じっくりと一つのことに向き合うことが出来る」ということが、この研究職に就く際に最も重要な資質にもなるのです。

 

第二新卒の就活状況転職は計画性を持って転職で後悔しない工夫未経験者の転職・就職新人薬剤師の転職
薬剤師の復職三十代薬剤師の転職履歴書の注意点研究職に就きたい場合保健所で働く長所と短所

TOPページへ戻る

 

薬剤師の転職状況

 

© Copyright 薬剤師の転職活動|様々なケースで注意しておくべき点 All rights reserved.