薬剤師の転職活動 転職は計画性を持って 薬剤師の転職活動

転職は計画性を持って薬剤師の仕事というのは、女性に人気のある職業です。その理由としては、知的であり、自分が学んできたことを全て活かすことができること、肉体的な負担がそれほどないこと、 給与面などの待遇がよく、安定した仕事であること、、女性でも長く続けられることなどが挙げられます。しかし、この薬剤師の仕事に就くには、そう簡単ではありません。 6年制の大学の薬学部で専門の課程を勉強しなければならなく、その大学に入るのも本当に難しいのです。国公立に入るには、かなり難易度が高いですし、私立ではかなり学費がかかります。 目的意識をもって、勉強をしていかないと、かなり困難を伴います。大学に入ってからも、理系の勉強がかなり忙しく、6年間学んだあとには国家試験が待っています。この試験に合格しないと薬剤師の免許が取れないのです。

免許が取れてしまえば薬剤師として、働くことができます。ドラッグストアや調剤薬局、病院、企業の研究者など、いろいろな働き方があります。現在では、かなり求人も多いため、選ぶことができるような時代でもあります。 しかし、それなりに難しい職場もあり、公務員の薬剤師では、倍率も高く、なかなかなることができなかったりします。

薬剤師として、仕事を始めた当初は、かなり待遇もよいと感じることでしょう。新卒者の中では、本当に給与がよいのです。それが数年の経験を積んでもなかなか昇給が期待できないので、がっかりすることもあるでしょう。 これが、経験を積めば積むほど、そういった気持ちも強くなることでしょう。せいぜい、年収700万円程度で止まってしまったりするからです。しかし、経験を積むことで、ステップアップの可能性があることもあります。

その薬局などで管理薬剤師などになると、年収750万円くらいになることもあります。これに満足できなければ、計画性のある転職を考えていくといいでしょう。最近では、有資格者の専用の転職サイトに登録しておくと、 求人を紹介してもらうことがあるのです。こういった場合は、前職よりも待遇などもよくなることがほとんどなので、給与アップやキャリアアップにつながることでしょう。

薬剤師の転職・就職先(http://www.chesschina.net/)といったサイトもありますので、こういったサイトも参考に計画性を持って求人を探し、 転職をしていくときっとよりよい人生を送ることができるでしょう。 今後、さらに上を狙うのであれば、何よりも計画性が大切なのです。そうすることで、生活にハリが出て、充実した生き方ができることでしょう。

 

第二新卒の就活状況転職は計画性を持って転職で後悔しない工夫未経験者の転職・就職新人薬剤師の転職
薬剤師の復職三十代薬剤師の転職履歴書の注意点研究職に就きたい場合保健所で働く長所と短所

TOPページへ戻る

 

薬剤師の転職状況

 

© Copyright 薬剤師の転職活動|様々なケースで注意しておくべき点 All rights reserved.