薬剤師の転職活動 保健所で働く長所と短所 薬剤師の転職活動

保健所で働く長所と短所薬剤師として保健所の求人に応募することで、安定的な職を得ることができるメリットが存在しています。保健所の求人に応募した場合、公務員として勤務していくことになりますので、 安定的な職を得ることができますし、福利厚生についての心配もなくなってくるのです。

薬剤師については、一般の医療機関で働くことにより、残業をこなさなければいけなかったり休みが取れないなどの激務に悩みを感じてしまうのですが、保健所で勤務した場合、 決められた時間で仕事を行っていけますので残業をこなすこともなくなってきます。また、仕事内容についても、水道検査や衛生面の管理など、医療機関とは違った仕事を行ってきますので、 その点のプレッシャーからも解放されながら仕事をしていくことができるでしょう。特に、家庭を持っている主婦の薬剤師の方は、安定性とともに仕事を行っていくうえでの負担が少なくなってきますので、 大きなメリットを感じられるようになります。

ただし、保健所の求人に応募した場合、初任給が低くなってしまうというデメリットを感じることになります。保健所の仕事では、一般の薬局での求人と比べて初任給が低くなっていますので、 お給料面についてのこだわりがある方の場合、その点にデメリットを感じてしまうこともあるかもしれません。長く働くことで昇給することもありますので、トータルでみることによりこのデメリットは感じなくなってきますが、 すぐにでも高給を得たいという方は不満を感じてしまうでしょう。

また、保健所で働く場合、水道検査など医療の仕事とは違った仕事をこなしていくことになりますので、スキルアップを第一に考える方には適しません。薬剤師として医療機関で働くことで、 最新の薬剤についての知識を身に着けることができますし、それを活かしながら働くこともできるのですが、保健所の求人では、最新の薬剤についての知識を身に着けることは難しくなってしまいますので、 その後医療機関への転職を検討される方は、一からの勉強をおこなっていく必要も出てくるのです。

薬剤師として保健所の求人に応募する時には、メリットとともにデメリットについても正しく理解しておく必要があります。この点についてしっかりと理解しておくことで、仕事内容についても納得したうえで働くことができますし、 生活に無理のない形で勤務していくことができるのです。保健所に応募する時には、この点に気を付けてみるとよいでしょう。

 

第二新卒の就活状況転職は計画性を持って転職で後悔しない工夫未経験者の転職・就職新人薬剤師の転職
薬剤師の復職三十代薬剤師の転職履歴書の注意点研究職に就きたい場合保健所で働く長所と短所

TOPページへ戻る

 

薬剤師の転職状況

 

© Copyright 薬剤師の転職活動|様々なケースで注意しておくべき点 All rights reserved.